カップルの人形とハート

九星気学というと、西洋占星術と同じように考える方も多いかとも思われますが、全く別物で、星という字が入っていますが、星をみて行う占いではありません。九星気学とは、一白水星や二黒土星など九つに分かれていて、自分の生年月日でどこに当てはまるのかを調べ、それをもとに運勢などを見ていくものです。 この九星気学のいいところは、自分である程度生活に取り入れることができるところにあります。その日その日の吉方があるため、それを調べてそちらに出向いて運気を上げることができるといわれているのです。 また、引っ越しや旅行など、方角を取り入れることにもよく使用される九星気学ですが、そういった大きなイベントには方角に加え、行う時期も重要になってきますので、専門家への相談が間違いないでしょう。

日本で最もよく知られ活用されている占いが九星気学です。生まれた年を9つのグループに分けた九星と干支、五行を組み合わせて占うもので、運勢や相性のほか、方位の吉凶を占います。 九星気学では社会経済や大きな問題も占えるため、実は多くの政治家達も九星気学で導き出された運勢や相性、方位を気にかけて行動しています。著名なスポーツ選手も、九星気学で得られたバイオリズムを参考に練習メニューを組み立てている方もいます。ひとつひとつが真剣勝負の世界で実力を発揮する際に、精神的に大きなよりどころともなっています。 一方、日本全国に深く浸透している占いでもありますので、雑誌やカレンダーにのった九星で運勢をチェックしてみたりなど、身近に感じる占いでもあります。最近ではネット上での占いの館などで九星気学を気軽に体験できるようになっています。今後もさまざまな形でまた広がっていくでしょう。